比較的安く建築ができる

住宅模型

広島県三原市は、土地の値段は広島県の中でも平均的になります。ただ全国的にみると、比較的安い部類に入るでしょう。東京23区と比べると、1/3以下の土地の値段で住宅を建築することが可能になります。土地の値段がそれだけ安ければ、注文住宅を建築する場合に土地を購入する時の負担が大きく減ることが理解できるでしょう。建物の値段に関しては、全国どこもそこまで大きく変わることはありません。ただ、やはり首都圏などと比べると物価が安いことから建築費用もそこまでかからないといってよいです。このように、同じ市内で見積もりなどをとってみてもよくわからないかもしれませんが、ほかの地域と比べるとずいぶんとその金額が違うことがわかります。その分だけ大きな住宅が建築できるでしょう。

住宅建築にも制限がある

住宅模型

三原市で注文住宅を建築する場合には、全く無制限で住宅を建築できる訳ではありません。イメージ的には、お金がたくさんあればどのような住宅でも立てることができそうですが、実際にはそのようなことはないでしょう。なぜかといえば、さまざまの法律によって縛りがあるからです。例えば、その土地によって違いがあるものの防火地域と呼ばれるところは耐火建築物や準耐火建築物しか建築することができません。特に市街地などは、防火地域に指定されているところも多いため、耐火建築物や準耐火建築のどちらかになるでしょう。そうだとすれば、鉄筋コンクリート住宅などの建築物が中心になります。建ぺい率などもあり、一定の建ぺい率を満たさなければいけない決まりもあります。

土地を購入する場合格安のところはどうか

一軒家

三原して洋服や食品を購入する場合には、同じようなものが二つあり高い値段と安い値段のものがあれば多くの人は安い値段のものを購入するでしょう。これと同じような感覚で、注文住宅の土台となる土地を購入する場合も値段の高い土地と安い土地の2種類があれば、安い土地を購入したがる気持ちもわかります。ですが、値段の安い土地は、必ず何らかの理由があると考えてよいでしょうよくあるパターンは、地盤があまり良くない場合です。地盤がよくないと、大きな地震のひととき建物が崩れやすくなるでしょう。たとえそれが、耐震性の強い建物であったも同様になります。それ以外にも、借地権付きの土地の場合などもあまり高い値段で売られていることはなく、格安で売られていることの方も多いです。借地権付きの場合には、借りている土地という意味になりますので、一定の期間は経過すればその土地から出ていかなければならないことが考えられます。

広告募集中